沖縄県知事選挙勝利に向けて心一つに~玉城氏の勝利を勝ち取ろう!

2018年9月7日


 9月13日告示30日投票で行われる、沖縄県知事選挙が激しくたたかわれています。

 8月29日には、「オール沖縄」の候補者として、翁長知事の遺志を引き継ぎ、辺野古に新しい基地はつくらせないと、玉城デニー氏が出馬を表明しました。同31日には、仲井真前知事の出した、辺野古埋め立て承認を、沖縄県が撤回しました。これによって、辺野古の工事はストップしています。

 同31日に、玉城デニー氏の選挙事務所開きが行われ、選挙母体である「ひやみかち うまんちゅの会」の体制も整いました。
 翌9月1日に、キャンプシュワブゲート前で開かれた、県民大行動にも、玉城デニー候補が駆け付け、力強く挨拶をされました。

 自公政府が推す、佐喜真氏は、辺野古の問題には全く触れず、「普天間基地の固定化はあってはならない」ということだけを述べ、争点かくしをしています。これは、今年2月に行われた名護市長選挙や、2016年の宜野湾市長選挙などでも、自公政権サイドが取ったのと同様の戦略です。しかし、SACO合意以降、20年以上も普天間基地が全く返還されないのは、移設条件がついているからです。さらに、辺野古に新基地を作っても普天間基地が返還される保証はないということが、昨年6月に稲田防衛大臣(当時)の答弁にも示されています。

 日本の宝、世界の宝である沖縄の海を守り、日本を戦争する国にさせないために、今回の沖縄県知事選挙は何が何でも勝たなければいけない選挙です。出馬表明と体制の確立の面から、佐喜真候補がかなり先を走っている状況です。これから、全力で追いつき追い越していくために、全国からの物心両面の支援が必要となります。安保破棄大阪実行委員会としても、現地支援行動とカンパ活動に取り組んでいます。ご協力よろしくお願いします。詳細は、安保破棄大阪実行委員会までお問い合わせください。

※事務所不在の場合は、(090-3844-8503:事務局員 長谷携帯)までおかけください。
「安保破棄ニュース497号(2018.9.7)より

 大阪安保は、今回は9月1日(土) ~ 9月30日(日)の間、名護市に専従者を配置し、下記要領で沖縄県知事選挙の現地支援行動に取り組みます。

市民と野党の共闘さらに!

2018年8月9日


 異常極まりない国会は1月22日の開会から6カ月間、安倍政権が暴走を続け、7月22日に閉会しました。

 安倍政権は今回の通常国会を「働き方改革国会」と銘打ち、同時に、昨年5月3日、自衛隊明記の9条改憲案とともに「2020年を新しい憲法が施行される年にしたい」と改憲の目標時期を明言した安倍首相の発言を受けて、自民党憲法改正推進本部が議論を進め、憲法改正に向けての発議を狙っていました。

 しかし、大きく発展している市民と野党の共同、そして野党共闘により行われた森友・加計学園をめぐる国政の私物化疑惑や自衛隊の日報隠蔽など、ウソと欺瞞を許していては議会制民主主義・国民主権は成り立たないとの追及によって、彼らの自由にはさせず、追い詰めています。

 財界が強く求めていた「裁量労働制の対象者拡大」については、法案を裏付けるはずのデータのねつ造を暴いて撤回させ、法案から削除。

 憲法については、全国で3千万署名が大きく広がり、「憲法を守らない安倍政権には憲法を論議する資格がない」と野党が共闘して憲法審査会でも論議させず、発議を断念させ、大きく彼らの計画を困難にさせています。

 ところが、安倍首相はなおも改憲への執念を示しています。
 それならば、国会閉幕後も収まることなく、森友・加計問題について「納得していない」次の国会でも「追及すべきだ」とする国民世論を束ね、市民と野党の共闘をさらに拡大・強化して、退陣まで追及しようではありませんか。


(安保破棄ニュース496号より)

◆とめよう!安倍政権の暴走 (クリックで本文表示)

◆オール沖縄は揺るがない!~全国が連帯してたたかおう! (クリックで本文表示)

◆安倍政権は、いますぐ退陣! (クリックで本文表示)

◆国民の力で安倍政権を退陣させよう! (クリックで本文表示)

◆大阪安保2018年度総会開催 (クリックで本文表示)

◆さらに強く沖縄と連帯を! (クリックで本文表示)

◆2018年を望む (クリックで本文表示)

◆オール沖縄からオール日本へ (クリックで本文表示)


◆本気の共闘~名護市長選挙勝利のために~ (クリックで本文表示)


◆「市民と野党の共闘」が政治を変える時が来た!(クリックで本文表示)


◆翁長知事を支え、辺野古に新基地を造らせない―8・12集会に参加して(クリックで本文表示)


◆沖縄と連帯してたたかおう!
~辺野古新基地建設絶対阻止~(クリックで本文表示)


◆政治を変える!大きなうねり
~重要度増す、この夏の闘い~(クリックで本文表示)


◆決して あきらめない!!
~沖縄連帯を全国に広げよう~(クリックで本文表示)


◆4.28沖縄連帯行動
連帯宣伝行動&「沖縄連帯のつどい」《2017年5月12日》(クリックで本文表示)


◆オール沖縄をオールジャパンへ!
~大阪からうねりをつくろう~《2017年4月7日》(クリックで本文表示)


◆「辺野古新基地阻止」「オスプレイ配備撤回」の声をひろげよう!!《2017年3月3日》(クリックで本文表示)


◆すすめよう!!野党共闘《2017年2月2日》(クリックで本文表示)


◆明けましておめでとうございます《2017年1月1日》(クリックで本文表示)


とりくみカレンダー
2018年9月
1日(土)~30日(日) 沖縄知事選挙支援行動
◆大阪安保は、今回は9月1日(土)~9月30日(日)の間、名護市に専従者を配置し、下記要領で沖縄県知事選挙の現地支援行動に取り組みます。
◆沖縄県知事選勝利のための支援のお願い(PDF)
◆支援行動参加要項(PDF)
◆参加登録申込書(PDF)
◆知事選支援カンパ袋版下(PDF)
18日(火)
(中止のお知らせ文書ーPDF)
21日(金) 23定例宣伝行動
◆日時:9月21日(金)12:00~13:00
◆場所:淀屋橋・大阪市役所前
30日(日) 沖縄知事選挙投票日

◆翁長知事の遺志を引きつぎ
2018 沖縄県知事選挙勝利で 辺野古新基地建設を断念させましょう!!
《支援参加行動要綱》 《カンパ袋‐PDF》




◆辺野古に新しい基地はつくらせません―世界一危険な普天間基地の撤去を(新しい署名用紙)
(署名用紙‐PDF)


 米軍は、10月21日深夜午前4時15分過ぎに経ヶ岬の米軍基地にXバンドレーダーを搬入した。石川県航空自衛隊小松基地からの陸路搬入で、住民に全く知らせず、またマスコミにも知らせず秘密裏に強行した。Xバンドレーダーの搬入強行は、とうてい認めがたいものであり、私たちは満身の怒りをこめて抗議する。(安保破棄・諸要求貫徹大阪実行委員会の「抗議声明」より)
◆発表した【抗議声明】全文はコチラ(ワード文書)


◆Kiss FM 神戸   に大阪安保・植田事務局長が出演
●番組ホームページ:
Charge up RADIO



◆9月7日(日)放送の「Charge up Radio」(音声)

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

高江ヘリパッド建設反対署名

(左)「10・6オスプレイ来るな」日米合同演習反対あいば野大集会ポスター(1枚100円で頒布中) 

《新着情報・よびかけ》

◆安保破棄ニュース497号(2018.9.7 )

■沖縄県知事選挙勝利に向けて心ひとつに
玉城デニー氏勝利を勝ち取ろう!!
■8月の23宣伝行動
~通算366回目となる「大阪安保23定例宣伝行動」を8月23日に実施~
■岸和田地域に安保廃棄の灯火を
~安保破棄岸和田実行委員会議長 家串省三郎さんの現地からの報告~
■時代を切り開こう!
~大阪安保2018年後半幹事会 開催~
■「沖縄連帯のつどい in 大阪Ⅱ」中止のお知らせ ~中止のお知らせ文書 ~


オスプレイの配備撤回、自衛隊のオスプレイ導入中止を求める(声明)2017年8月9日

◆日米合同演習反対9.11「あいば野大集会」
 日時:9月11日(日)滋賀県高島市・住吉公園

 《あいば野日米合同演習等の中止を求める申入れ書》
 ◆米オバマ大統領宛 ◆近畿中部防衛局宛

(9月11日(日)住吉公園での「あいば野集会」の様子)



◆長編映画「沖縄ぬ思い(うちなぁぬうむい)」
 予告編(3:37)

■沖縄県民は米軍基地の押しつけにどうあらがってきたのか?
翁長知事を先頭にした「オール沖縄」の闘いの源流はなにか?
答えはすべて沖縄の歴史にあります。今回、沖縄に残された貴重な記録映画も交え、いまにつながる沖縄の歴史を知ることができる長編ドキュメンタリー映画「沖縄ぬ思い」が製作されました。
上映時間、1時間38分。ぜひみなさんそろってご覧ください。

大阪での上映運動を進めています。上映会の日程などが決まり次第掲載していきます。また、DVD、Blue-ray版での貸し出しを行いますので、取り扱いなどについて大阪安保までお問合せください。

https://www.youtube.com/watch?v=1RYuCTiQi6c