市民と野党の共闘さらに!

2018年8月9日


 異常極まりない国会は1月22日の開会から6カ月間、安倍政権が暴走を続け、7月22日に閉会しました。

 安倍政権は今回の通常国会を「働き方改革国会」と銘打ち、同時に、昨年5月3日、自衛隊明記の9条改憲案とともに「2020年を新しい憲法が施行される年にしたい」と改憲の目標時期を明言した安倍首相の発言を受けて、自民党憲法改正推進本部が議論を進め、憲法改正に向けての発議を狙っていました。

 しかし、大きく発展している市民と野党の共同、そして野党共闘により行われた森友・加計学園をめぐる国政の私物化疑惑や自衛隊の日報隠蔽など、ウソと欺瞞を許していては議会制民主主義・国民主権は成り立たないとの追及によって、彼らの自由にはさせず、追い詰めています。

 財界が強く求めていた「裁量労働制の対象者拡大」については、法案を裏付けるはずのデータのねつ造を暴いて撤回させ、法案から削除。

 憲法については、全国で3千万署名が大きく広がり、「憲法を守らない安倍政権には憲法を論議する資格がない」と野党が共闘して憲法審査会でも論議させず、発議を断念させ、大きく彼らの計画を困難にさせています。

 ところが、安倍首相はなおも改憲への執念を示しています。
 それならば、国会閉幕後も収まることなく、森友・加計問題について「納得していない」次の国会でも「追及すべきだ」とする国民世論を束ね、市民と野党の共闘をさらに拡大・強化して、退陣まで追及しようではありませんか。


(安保破棄ニュース496号より)

とめよう!安倍政権の暴走

2018年7月9日


 6月20日で会期末を迎えるはずだった通常国会が自公与党と維新の会などによって7月22日まで延長されました。
 これは、安倍政権が残業代ゼロ制度=高度プロフェッショナル制度などを柱にした「働き方改革」一括法案や、刑法が禁じている賭博を合法化するカジノ実施法案などを何がなんでも成立させようとするためです。

「働き方改革」法案は、その根拠とされた労働時間データのねつ造が次々と発覚し、立法事実そのものが根底から崩壊しています。
そもそも、高度プロフェッショナル制度は、労働時間規制を適用しない労働者をつくりだし、8時間労働制を中核とする戦後の労働法制を根底から否定するものです。

 しかも、2014年に過労死等防止対策推進法が全会一致で成立し、翌年に「過労死等の防止のための対策に関する大綱」が閣議決定されてからわずか3年。本来、法案を提出すること自体、許されるものではありません。
 ところが、こんな、労働者が人間として当たり前に生きる権利さえも奪い去る、人権侵害の法案を、6月29日、またしても自公与党と維新の会などが議会制民主主義を二重三重に冒涜して強行成立させました。

 同時に彼ら自民・公明・維新・希望の4党が、27日に衆議院に提出し、今国会で憲法審査会での審議入りをしようとしているのが「国民投票法改定案」。

 「戦争する国」づくりを進めようとする安倍政権は、立憲主義を破壊、議会制民主主義を冒涜、国民主権、地方自治、そして個人の尊厳を顧ない政治を続けています。
 そして、彼らが沖縄で工事を強行し造ろうとしているのが米海兵隊のための辺野古新基地。

 しかし今、4月27日の南北首脳会談、6月12日の米朝首脳会談が実現し、北東アジアの平和体制構築に向けての流れが動き出したことにより、朝鮮戦争を通じて形作られた日米安保体制をはじめ、日本の外交・安全保障政策を根本的に見直すことが求められる中、北東アジアの平和体制構築に向けての流れにも逆行し、沖縄の負担軽減を願う県民の「民意」にも逆行する、海兵隊の基地として造ろうとしている辺野古新基地建設は直ちに取り止め、同時に普天間基地を一刻も早く閉鎖・撤去することを求めるものです。

 7月22日(日)には、平和を求めて大阪で活動する様々な団体が協力して「朝鮮半島の非核化、平和の構築を歓迎する集い」を中之島の中央公会堂で開催します。
11月18日投開票と決まった沖縄県知事選挙での翁長知事再選を勝ち取るためにも、確信を得る集いとなることでしょう。
 成功のため、皆様の力をお貸しください。


(安保破棄ニュース495号より)

◆オール沖縄は揺るがない!~全国が連帯してたたかおう! (クリックで本文表示)

◆安倍政権は、いますぐ退陣! (クリックで本文表示)

◆国民の力で安倍政権を退陣させよう! (クリックで本文表示)

◆大阪安保2018年度総会開催 (クリックで本文表示)

◆さらに強く沖縄と連帯を! (クリックで本文表示)

◆2018年を望む (クリックで本文表示)

◆オール沖縄からオール日本へ (クリックで本文表示)


◆本気の共闘~名護市長選挙勝利のために~ (クリックで本文表示)


◆「市民と野党の共闘」が政治を変える時が来た!(クリックで本文表示)


◆翁長知事を支え、辺野古に新基地を造らせない―8・12集会に参加して(クリックで本文表示)


◆沖縄と連帯してたたかおう!
~辺野古新基地建設絶対阻止~(クリックで本文表示)


◆政治を変える!大きなうねり
~重要度増す、この夏の闘い~(クリックで本文表示)


◆決して あきらめない!!
~沖縄連帯を全国に広げよう~(クリックで本文表示)


◆4.28沖縄連帯行動
連帯宣伝行動&「沖縄連帯のつどい」《2017年5月12日》(クリックで本文表示)


◆オール沖縄をオールジャパンへ!
~大阪からうねりをつくろう~《2017年4月7日》(クリックで本文表示)


◆「辺野古新基地阻止」「オスプレイ配備撤回」の声をひろげよう!!《2017年3月3日》(クリックで本文表示)


◆すすめよう!!野党共闘《2017年2月2日》(クリックで本文表示)


◆明けましておめでとうございます《2017年1月1日》(クリックで本文表示)



とりくみカレンダー
2018年8月
23日(木) 23定例宣伝行動
◆日時:8月23日(木) 12:00~13:00
◆場所:淀屋橋・大阪市役所前
30日(木) 2018年後半幹事会
◆日時:8月30日(木) 18:30~
◆場所:大阪国労会館屋橋・大阪市役所前1階ホール
31日(金) 辺野古支援&名護市議選支援行動
◆日時:8月31日(金)~9月2日(日)
2018年9月
18日(火) 「沖縄連帯のつどい in 2018年おおさかⅡ」
◆9月に沖縄県知事選挙が行われることが確実なりました。そのため、9月18日に予定していました、「沖縄連帯のつどいinおおさかⅡ」を中止させていただくことになりました。(中止のお知らせ文書ーPDF)
21日(金) 23定例宣伝行動
◆日時:9月21日(金)12:00~13:00
◆場所:淀屋橋・大阪市役所前


◆辺野古に新しい基地はつくらせません―世界一危険な普天間基地の撤去を(新しい署名用紙)
(署名用紙‐PDF)


 米軍は、10月21日深夜午前4時15分過ぎに経ヶ岬の米軍基地にXバンドレーダーを搬入した。石川県航空自衛隊小松基地からの陸路搬入で、住民に全く知らせず、またマスコミにも知らせず秘密裏に強行した。Xバンドレーダーの搬入強行は、とうてい認めがたいものであり、私たちは満身の怒りをこめて抗議する。(安保破棄・諸要求貫徹大阪実行委員会の「抗議声明」より)
◆発表した【抗議声明】全文はコチラ(ワード文書)


◆Kiss FM 神戸   に大阪安保・植田事務局長が出演
●番組ホームページ:
Charge up RADIO



◆9月7日(日)放送の「Charge up Radio」(音声)

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

高江ヘリパッド建設反対署名

(左)「10・6オスプレイ来るな」日米合同演習反対あいば野大集会ポスター(1枚100円で頒布中) 

《新着情報・よびかけ》

◆安保破棄ニュース496号(2018.8.9 )

■市民と野党の共闘さらに!
国会閉会。市民と野党の共闘をさらに拡大・強化して、退陣まで追及しようではありませんか
■辺野古に新たな基地はつくらせない!
~沖縄選挙支援へのご協力をお願いします~
■近畿圏安保破棄実行委員会合同会議開く
~7月24日に大阪安保事務所で、6府県からの参加で開催~
■7月の23宣伝行動
~通算365回目となる「大阪安保23定例宣伝行動」を7月23日に実施~
■オスプレイの宣伝はもっと必要だ ~久しぶりの街頭宣伝
~オスプレイ来るな八尾連絡会事務局長 奥村正憲さんの報告 ~
■ブックレット「改訂版-オスプレイと日米安保」の活用を
~編集・発行:安保破棄中央実行委員会 頒価400円 ~
■「とうきび」はじめました。
~大阪安保夏の事業活動「千歳のとうきび」ご注文受付開始しました。9月中旬まで取り組む予定です ~
■安保破棄大阪実行委員会  2018年後半幹事会
8月30日(木)18:30~大阪国労会館1階ホール


オスプレイの配備撤回、自衛隊のオスプレイ導入中止を求める(声明)2017年8月9日

◆日米合同演習反対9.11「あいば野大集会」
 日時:9月11日(日)滋賀県高島市・住吉公園

 《あいば野日米合同演習等の中止を求める申入れ書》
 ◆米オバマ大統領宛 ◆近畿中部防衛局宛

(9月11日(日)住吉公園での「あいば野集会」の様子)



◆長編映画「沖縄ぬ思い(うちなぁぬうむい)」
 予告編(3:37)

■沖縄県民は米軍基地の押しつけにどうあらがってきたのか?
翁長知事を先頭にした「オール沖縄」の闘いの源流はなにか?
答えはすべて沖縄の歴史にあります。今回、沖縄に残された貴重な記録映画も交え、いまにつながる沖縄の歴史を知ることができる長編ドキュメンタリー映画「沖縄ぬ思い」が製作されました。
上映時間、1時間38分。ぜひみなさんそろってご覧ください。

大阪での上映運動を進めています。上映会の日程などが決まり次第掲載していきます。また、DVD、Blue-ray版での貸し出しを行いますので、取り扱いなどについて大阪安保までお問合せください。

https://www.youtube.com/watch?v=1RYuCTiQi6c