沖縄県知事選挙
玉城デニー氏勝利!!

2018年10月12日



 勝利の方程式を掲げ、自公維総がかりで沖縄県に襲い掛かった官邸丸抱えの相手陣営を凌駕し、過去最多の39万6632票を獲得、8万174票の大差をつけて玉城デニー氏が勝利した今回の沖縄県知事選挙。

 その背景には、県民が示し続ける基地建設反対の「民意」を無視して工事を続け、沖縄を愚弄する安倍政権への怒りの爆発がありました。集会案内ビラ

 8月31日、沖縄県がついに辺野古新基地建設の埋め立て承認「撤回」を行いましたが、翌日9月1日に翁長知事の夫人樹子さんのメッセージが新聞報道されて以降、大きな変化が生まれます。

 翁長知事が命を懸けて貫き通した「平和で誇りある豊かな沖縄を実現するためには、米軍基地はその最大の阻害要因だ。だからこそ、辺野古新基地建設に反対する」という遺志が、そして、「うちなんちゅ まきてぃー ないびらんどぅー」という翁長知事の呼び掛けが県民を突き動かし、決して諦めないという心が一つとなっていきます。

 そこに、県民が投票に当たって最も重視した基地問題を一切語らず「争点隠し」をしようとする相手候補に対して、翁長知事の遺志を引き継ぎ、辺野古新基地建設反対を真正面に掲げた玉城デニー候補の訴えが合致し、選挙戦は一気に熱気を帯びていきました。

 さらには、多くの国民が自分たちの問題、民主主義を守る闘いとして捉え、「戦争する国」に向けて暴走する安倍政権との闘いとして連帯できたことが重要です。

 大阪安保が支援に入った名護市では、期日前投票が2月の市長選挙時の2万1660票を超えて2万2227票(45・54%)にも達し、大変な危機感を覚えましたが、いざ蓋を開けてみると、投票率が市長選時76・92%に対して65・92%と10%も下がる中、玉城票は1万6796票(稲嶺票1万6931票)と市長選時とほぼ変わらないのに対して、相手候補が獲得した票は現市長が得た2万389票から大きく減らして1万5013票にしか届いておらず、実に5千票余りを跳ね返し1783票の差をつけての勝利となりました。

 全県的には、地元紙の出口調査で明らかとなったように、安倍政権の基地問題に対する姿勢を、6割の県民が「評価しない」と答えており、当落を大きく左右すると言われる無党派層の7割が玉城氏に投票し、自民党支持層の2割以上、公明党支持層の3割近く、維新支持層の半数以上が玉城氏に投票しました。

 今や「勝利の方程式」は沖縄では絶対ではないということが言えます。支援に入った私たちが励まされ、大きな確信となった沖縄県知事選挙。 今度は、私たち自身が地元でがんばる番です。
 詳しい分析としては、まだまだお伝えしなければならないことが有りますが、先ずは、沖縄県民の皆さんの誇りある選択に敬意と共に感謝の意を表するものです。

 2018年10月1日

安保破棄諸要求貫徹大阪実行委員会
事務局長  守山禎三


沖縄県知事選挙勝利に向けて心一つに~玉城氏の勝利を勝ち取ろう!

2018年9月7日


 9月13日告示30日投票で行われる、沖縄県知事選挙が激しくたたかわれています。

 8月29日には、「オール沖縄」の候補者として、翁長知事の遺志を引き継ぎ、辺野古に新しい基地はつくらせないと、玉城デニー氏が出馬を表明しました。同31日には、仲井真前知事の出した、辺野古埋め立て承認を、沖縄県が撤回しました。これによって、辺野古の工事はストップしています。

 同31日に、玉城デニー氏の選挙事務所開きが行われ、選挙母体である「ひやみかち うまんちゅの会」の体制も整いました。
 翌9月1日に、キャンプシュワブゲート前で開かれた、県民大行動にも、玉城デニー候補が駆け付け、力強く挨拶をされました。

 自公政府が推す、佐喜真氏は、辺野古の問題には全く触れず、「普天間基地の固定化はあってはならない」ということだけを述べ、争点かくしをしています。これは、今年2月に行われた名護市長選挙や、2016年の宜野湾市長選挙などでも、自公政権サイドが取ったのと同様の戦略です。しかし、SACO合意以降、20年以上も普天間基地が全く返還されないのは、移設条件がついているからです。さらに、辺野古に新基地を作っても普天間基地が返還される保証はないということが、昨年6月に稲田防衛大臣(当時)の答弁にも示されています。

 日本の宝、世界の宝である沖縄の海を守り、日本を戦争する国にさせないために、今回の沖縄県知事選挙は何が何でも勝たなければいけない選挙です。出馬表明と体制の確立の面から、佐喜真候補がかなり先を走っている状況です。これから、全力で追いつき追い越していくために、全国からの物心両面の支援が必要となります。安保破棄大阪実行委員会としても、現地支援行動とカンパ活動に取り組んでいます。ご協力よろしくお願いします。詳細は、安保破棄大阪実行委員会までお問い合わせください。

※事務所不在の場合は、(090-3844-8503:事務局員 長谷携帯)までおかけください。
「安保破棄ニュース497号(2018.9.7)より

 大阪安保は、今回は9月1日(土) ~ 9月30日(日)の間、名護市に専従者を配置し、下記要領で沖縄県知事選挙の現地支援行動に取り組みます。


◆市民と野党の共闘さらに! (クリックで本文表示)

◆とめよう!安倍政権の暴走 (クリックで本文表示)

◆オール沖縄は揺るがない!~全国が連帯してたたかおう! (クリックで本文表示)

◆安倍政権は、いますぐ退陣! (クリックで本文表示)

◆国民の力で安倍政権を退陣させよう! (クリックで本文表示)

◆大阪安保2018年度総会開催 (クリックで本文表示)

◆さらに強く沖縄と連帯を! (クリックで本文表示)

◆2018年を望む (クリックで本文表示)

◆オール沖縄からオール日本へ (クリックで本文表示)


◆本気の共闘~名護市長選挙勝利のために~ (クリックで本文表示)


◆「市民と野党の共闘」が政治を変える時が来た!(クリックで本文表示)


◆翁長知事を支え、辺野古に新基地を造らせない―8・12集会に参加して(クリックで本文表示)


◆沖縄と連帯してたたかおう!
~辺野古新基地建設絶対阻止~(クリックで本文表示)


◆政治を変える!大きなうねり
~重要度増す、この夏の闘い~(クリックで本文表示)


◆決して あきらめない!!
~沖縄連帯を全国に広げよう~(クリックで本文表示)


◆4.28沖縄連帯行動
連帯宣伝行動&「沖縄連帯のつどい」《2017年5月12日》(クリックで本文表示)


◆オール沖縄をオールジャパンへ!
~大阪からうねりをつくろう~《2017年4月7日》(クリックで本文表示)


◆「辺野古新基地阻止」「オスプレイ配備撤回」の声をひろげよう!!《2017年3月3日》(クリックで本文表示)


◆すすめよう!!野党共闘《2017年2月2日》(クリックで本文表示)


◆明けましておめでとうございます《2017年1月1日》(クリックで本文表示)


とりくみカレンダー
2018年10月
23日(火) 23定例宣伝行動
◆日時:10月23日(火)12:00~13:00
◆場所:淀屋橋・大阪市役所前
2018年11月
4日(日) 米軍基地いらんちゃ!FESTA2018
◆日時:11月4日(日)11:00~17:00頃
◆場所:京都・京丹後市
(詳細は下記ビラご覧ください)
22日(木) 23定例宣伝行動
◆日時:11月22日(木)12:00~13:00
◆場所:淀屋橋・大阪市役所前

◆米軍基地いらんちゃ!FESTA2018
(視察会・集会案内ビラ)
日時:11月4日(日)京丹後市
11:00~11:30 現地視察会 (駐車場所がありません、渋滞のおそれもあることから、乗り合わせてご参加ください)
12:00~13:00 丹後文化会館・開場
13:00~14:40 開会 オープニング:うたごえ  現地や国会・各議会、諸団体、沖縄からの報告
14:40~15:20 川口真由美さんトーク&ライブ
集会後、パレード
(集会案内ビラ‐PDF)


◆辺野古に新しい基地はつくらせません―世界一危険な普天間基地の撤去を(新しい署名用紙)
(署名用紙‐PDF)


 米軍は、10月21日深夜午前4時15分過ぎに経ヶ岬の米軍基地にXバンドレーダーを搬入した。石川県航空自衛隊小松基地からの陸路搬入で、住民に全く知らせず、またマスコミにも知らせず秘密裏に強行した。Xバンドレーダーの搬入強行は、とうてい認めがたいものであり、私たちは満身の怒りをこめて抗議する。(安保破棄・諸要求貫徹大阪実行委員会の「抗議声明」より)
◆発表した【抗議声明】全文はコチラ(ワード文書)


◆Kiss FM 神戸 に大阪安保・植田事務局長が出演
●番組ホームページ:
Charge up RADIO



◆9月7日(日)放送の「Charge up Radio」(音声)

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

高江ヘリパッド建設反対署名

(左)「10・6オスプレイ来るな」日米合同演習反対あいば野大集会ポスター(1枚100円で頒布中) 

《新着情報・よびかけ》

◆安保破棄ニュース498号(2018.10.12 )

■沖縄県知事選挙
玉城デニー氏勝利!!
■通算367回目。9月の23宣伝行動
~9月21日に実施~
■日本のどこにも米軍基地はいらない
~京都「米軍レーダー基地問題報告会&現地ウォッチング~
■米軍基地はいらんちゃ!FESTA2018
現地視察(Xバンドレーダー)、集会、デモ参加の案内



オスプレイの配備撤回、自衛隊のオスプレイ導入中止を求める(声明)2017年8月9日

◆日米合同演習反対9.11「あいば野大集会」
日時:9月11日(日)滋賀県高島市・住吉公園

 《あいば野日米合同演習等の中止を求める申入れ書》
◆米オバマ大統領宛 ◆近畿中部防衛局宛

(9月11日(日)住吉公園での「あいば野集会」の様子)



◆長編映画「沖縄ぬ思い(うちなぁぬうむい)」
予告編(3:37)

■沖縄県民は米軍基地の押しつけにどうあらがってきたのか?
翁長知事を先頭にした「オール沖縄」の闘いの源流はなにか?
答えはすべて沖縄の歴史にあります。今回、沖縄に残された貴重な記録映画も交え、いまにつながる沖縄の歴史を知ることができる長編ドキュメンタリー映画「沖縄ぬ思い」が製作されました。
上映時間、1時間38分。ぜひみなさんそろってご覧ください。

大阪での上映運動を進めています。上映会の日程などが決まり次第掲載していきます。また、DVD、Blue-ray版での貸し出しを行いますので、取り扱いなどについて大阪安保までお問合せください。

https://www.youtube.com/watch?v=1RYuCTiQi6c