《とりくみカレンダー》
2021年5月

21日(金)

大阪安保23宣伝行動 
◆日時:5月21日(金) 正午~13時 淀屋橋・市役所前
◆毎月の定例宣伝行動

◆安保中央実行委員会「メールニュース」

◆国民を監視し、私権制限や運動弾圧をもたらす~「土地利用規制法案」を廃案に~《アピール賛同と学習・抗議集会に参加を》 ◆国民を監視し、私権制限や運動弾圧をもたらす「土地利用規制法案」の~廃案を求めます(アピール)
2021.5/6 №24 
PDFファイル

◆《陸上自衛隊北富士演習場》沖縄の負担軽減を口実に米海兵隊の実弾射撃訓練~富士山への砲撃は許せない ◆米軍、勝手に都心上空を訓練区域に~政府は主権侵害を撤回させよ
2021.4/28 №23 
PDFファイル

◆4・21政府交渉&院内集会~辺野古「遺骨を含む土砂を埋立てに使うな」~沖縄戦の遺族ら涙ながらに訴え ◆5月にデモ飛行の実施へ~馬毛島「民意はFCLP移転反対」~空自F15で騒音データ測定
2021.4/23 №22 
PDFファイル

◆辺野古~遺骨土砂、県が「措置命令」~「採取しないこと」を玉城知事要求 ~ ◆日米共同声明 「台湾問題」52年ぶりに明記~安保法制・戦争法の発動に~安保中央、東森事務局長が談話
2021.4/20 №21 
PDFファイル

◆安保中央 オンライン学習会~日米地位協定抜本的改定の運動を~バイデン政権による日本の大軍拡反対 ~ ◆中央安保―オンライン常任幹事会~憲法に基づく外交路線への転換を 軍事・基地化反対の運動強化を
2021.4/15 №20 
PDFファイル

◆辺野古-サンゴ訴訟の要請 署名1891団体分を提出~最高裁は公正・中立な審理を~安保中央 短期間に172 団体を集約~◆20年度に米軍違反27件~外出・外部飲食の規制違反が常態化
2021.4/12 №19 
PDFファイル


◆日米安保条約発効60年 軍事同盟に代わる平和の枠組みを考える集い(6/10中央安保主催)

 今年2020年は、1960年6月に国民的な反対を無視した改定安保条約と日米地位協定の成立強行から60年の節目の年です。 安保条約のもとでの「日米同盟」の実態はこの60年間に大きく変貌し、米国とともに海外に乗り出していく侵略的な軍事同盟になろうとしています。そして、その動向と一体に「安倍9条改憲」が狙われています。 「コロナ後の世界」の展望を見据えつつ、今日の日米安保条約下の問題点を解明することで「安保の真実」を国民に明らかにする「集い」を開催し、安保廃棄に向けた世論構築の契機としたいと思います。(中央安保実行員会HPより  ユーチューブ2時間24分)

https://youtu.be/1MImV0n__AQ




◆「辺野古新基地建設の設計変更申請書を取り下げ、直ちに工事を中止し、その予算を国民のためにこそ使うことを求めます!(大阪安保破棄実行委員会)4/21 PDF ◆安倍内閣総理大臣あてに、4月21日付で手交しましました。


2021年度総会~
安保破棄実行委員会の役割を確認
2021年4月16日
安保破棄実行委員会の役割を確認-大阪安保2021年度総会開催

 4月3日の昼、大阪グリー会館2階ホールにて、安保破棄・諸要求貫徹大阪実行委員会の2021年度総会(幹事会)を開催しました。16団体・地域と個人幹事から25人の出席でした。

 例年でしたら、学習をセットに行うことが多くありましたが、コロナ禍ということで、短時間にするため、今回は学習は行いませんでしたが、5人の方から発言があり、運動方針を補強し、これからの安保破棄実行委員会としての役割を考えるうえで、有意義な総会になりました。

  開会のあいさつで植田代表幹事は、戦争法が施行されたことによって日米同盟・日米安保体制がいかに変質してきているか、まさに戦争への道が作られようとしている状況について述べられ。そのうえで「このような危機をいかに打開していくか、私たちの安保廃棄の運動の大事な時期にあります」と語られました。

  討論では、5人の方から発言がありました。民医連の庄司さんは、コロナ禍で、医療現場がいかに大変な状況になっているかを話されました。また、自らが初めて辺野古の座り込みに参加した時「大阪で自民党の議員を一人でも落としてほしい」と現地の方に言われたことで、「安保の問題は日本全国で勝てないといけない」と感じた経験などを話されました。そして、安保条約の学習の在り方として、誰を対象にどのような形でするのか考えて組織方針をもって取り組む必要があると語られました。

 共産党の福井さんからは、安保破棄実行委員会が今、そして将来どのような役割を果たさなければいけないか、安保破棄の日本を実現する役割と安保破棄後の日本を発展させる役割があるということが語られました。また、日常的に軍事同盟の実態を発信することの重要性にも言及し、安保破棄の課題は日本政府も問題、安保条約について語って共同を広げていこうと語られました。

 大商連の大島さんは、辺野古支援に行きたいけれど資金がないという人のために、民泊経営をやろうとした経緯について話され、この間にも自ら辺野古支援に行って感じたことについて語られました。「現地を見たら、自分の地元での行動や声掛けが変わる」と、現地行動の必要性を述べられました。

  うたごえ協議会の岡邑さんは、「維新の不祥事」や維新の会の議員などの名前で検索したものを、自らまとめて作った「維新の不祥事」という冊子の紹介をされました。

 母親大会連絡会の岸上さんは、日米安保条約の正体を広く知らせていく必要があると話され、大阪母連で、4月29日に「劇映画 おきなわ」の上映会を行うことを話されました。



「安保の真実」を伝え、
政治を変えよう!
2021年3月12日
日米安保条約・日米地位協定が60年の節目を迎えた今年2020年。(大阪安保ニュース524号より)

 現行の日米安保条約が締結され発効してから60年を迎えた昨年、日本そして世界は新型コロナウイルスのパンデミックという大きな試練に見舞われ、今もなおその脅威は治まることが有りません。

 しかしそのコロナ禍の中で、人々は政治がどれ程自らのくらしと関わりのあるものなのかということに気づき、日本においては、自・公両党を与党とする安倍政権、そしてそれを継承する菅政権のあまりにも非科学的、しかも無為無策なコロナ対策、大阪においては維新の会による無謀なコロナ禍まっただ中での市民を分断する「住民投票」、その後の「広域一元化」条例提案などを通して、国政、府・市政と市民との間の矛盾・乖離があぶり出され、ウソ・ごまかし、無責任、不誠実、政治の私物化、そして法治主義・民主主義を破壊し、憲法までも恣意的に変更して「戦争する国」をつくろうとする彼らの正体が見えつつあります。

 菅政権の支持率は3割台にまで大きく落ち込み、政治の転換を求める声が広がってきました。
 「戦争する国」をつくろうとする彼らによって、9条改憲・「敵基地攻撃能力」保有など大軍拡と日米軍事一体化が狙われるもとで、「安保の真実」を伝え「軍事費を削って〇〇に回せ!」と訴える私たち安保破棄実行委員会の運動の役割は、ますます重要になっています。

 昨年9月に市民連合から立憲野党に示された要望書には、先ず立憲主義の再構築、民主主義の再生、そして透明性のある公正な政府の確立が掲げられ、東アジアの共生、平和、非核化と世界の中で生きる平和国家日本の進むべき道が記されています。

 まさにそれこそが私たち安保破棄実行委員会がめざす運動の方向であり、私たちが実現をめざす新しい政権に求められる役割です。

 日本国憲法が公布されて75年の大きな節目となる今年を、核兵器禁止条約の発効に続き、市民と野党の強固な共闘の力によって、新しい形の政治が誕生する歴史的な年とするために、私たちも力を合わせてがんばりましょう。



◆軍事同盟に代わる平和の枠組みを、今こそ!! (クリックで本文表示)

◆明けましておめでとうございます。希望ある新しい政権の実現を!! (クリックで本文表示)

◆日米安保条約・日米地位協定60年の2020年をふり返り (クリックで本文表示)

◆まもろう!!立憲主義・民主主義! (クリックで本文表示)

◆野党連合政権の 実現を! (クリックで本文表示)

◆沖縄のたたかいに決着をつけよう (クリックで本文表示)

◆資格もやる気もない安倍政権はただちにやめよ (クリックで本文表示)

◆従属的同盟からの脱却をめざして~は小泉親司さん講演 (クリックで本文表示)

◆沖縄県議選 過半数維持-辺野古新基地建設反対が過半数 (クリックで本文表示)

◆沖縄県議選勝利のために (クリックで本文表示)

◆安保60年の節目にふさわしいたたかいを (クリックで本文表示)

◆「安保の真実」をひろげよう (クリックで本文表示)

◆地域からの声を広げよう (クリックで本文表示)

◆2020年の年頭にあたって (クリックで本文表示)

◆すすむ、日米軍事一体化 (クリックで本文表示)

◆米軍基地と変貌する自衛隊~京都米軍基地&自衛隊視察ツアー (クリックで本文表示)

◆臨時国会開会 (クリックで本文表示)

◆日米地位協定の抜本的改定にむけて (クリックで本文表示)

◆いまこそ、市民と野党の共闘を前進させるとき (クリックで本文表示)

◆誰もが自分らしく
暮らせる明日の実現を (クリックで本文表示)


◆不屈の闘いを学ぶ
大阪安保「沖縄平和ツアー」 (クリックで本文表示)


◆すすめよう!!
市民と野党の共闘 (クリックで本文表示)


◆勝まであきらめない
沖縄とともにたたかいを続けよう! (クリックで本文表示)


◆圧倒的な「民意」を結集しよう! (クリックで本文表示)

◆今年は政治決戦の年
主権者国民は決して諦めない! (クリックで本文表示)


◆沖縄県知事選挙
大阪安保としての勝利報告集会 (クリックで本文表示)


◆沖縄県知事選挙
大阪安保としての勝利報告集会 (クリックで本文表示)






 
《新着情報・よびかけ》

◆安保破棄ニュース528号(2021.4.16 )

■大阪安保2021年度総会開催
安保破棄実行委員会の役割を確認—
4月3日の昼、大阪グリー会館2階ホールにて、2021年度総会(幹事会)を開催しました。16団体・地域と個人幹事から25人の出席でした。

■近畿2府4県安保破棄実行委員会《連続学習講座第2弾 「沖縄はいま」》
来る4月29日(祝)、近畿安保合同のオンライン学習会第2弾「沖縄はいま」を開催します。
■コロナ禍での軍事訓練やめよ!
自衛隊信太山駐屯地への要請行動(自衛隊内でのコロナ感染症拡大を受けて)

3月10日、大阪平和委員会・和泉平和委員会・日本共産党の早乙女和泉市会議員と共に、陸自信太山駐屯地に対しての申し入れを行いました。
■3月の23宣伝行動
3月23日の火曜日に、いつもと同じく昼の12時から淀屋橋で行いました。通算394回目の行動です。

■メールアドレス登録のお願い
今後、情報提供型の活動へもっと力を入れていきたいと考えています。 まずは、メールを使っての情報発信をもっと広範に行っていきたいと思っています。
■諸団体の取り組み、当面の予定など




《馬毛島基地(仮称)建設事業に係る環境影響評価方法書への意見書送付のとりくみ》について。中央安保メールニュース№11もご覧ください。
◆とりくみ内容(中央安保実行委員会の文書)
◆意見書参考例
(PDF 2ページ)

  ◎意見書のとりくみにて

  ◎意見書参考例


526号PDF版  ワード版はコチラ


大阪安保ホームページへのQRコードです。スマフォなどにも一定ですが対応しておりますので、試してください。
 不具合などの内容やご要望などを連絡いただけるとありがたいです。


《6・23大阪のつどい「安保60年、従属的同盟からの脱却をめざして~コロナ禍を見据えて」小泉親司さん)》講演動画 by ユーチューブ


◆ https://youtu.be/caIovjF09X0

(小泉さん講演レジュメ PDF)