《とりくみカレンダー》
2020年8月
21日(金) 8月大阪安保23定例宣伝
◆日時:8月21日(金)12:00~
◆場所:淀屋橋・市役所前

◆安保中央実行委員会「メールニュース」
(画像をクリックすると大きく表示されます)

◆~辺野古のサンゴ採捕 農水相の指示違法~《沖縄県が国を提訴》 7/27 №37 PDFファイル

◆~在沖縄米軍のコロナ感染情報の迅速な公開を~《基地関係者全員のPCR検査実施で命を守れ》安保中央が外務省・防衛省に要請 7/20 №36 PDFファイル

◆《在沖縄米軍内でコロナ感染者拡大》~安保中央の防衛・外務省交渉に参加~ ・木更津へのオスプレイ配備開始に抗議する(談話) 7/14 №35 PDFファイル

◆《沖縄県知事に「変更不許可申請に」の意見書を》~日米地位協定の抜本的改定—意見書採択206自治体に~ 7/9 №34 PDFファイル

◆《オスプレイは日本にいらない~千葉・木更津へ 今月7日に配備抗議行動~》
日米地位協定の抜本的改定—意見書採択206自治体に 7/2 №33 PDFファイル


◆日米安保条約発効60年 軍事同盟に代わる平和の枠組みを考える集い(6/10中央安保主催)

 今年2020年は、1960年6月に国民的な反対を無視した改定安保条約と日米地位協定の成立強行から60年の節目の年です。  安保条約のもとでの「日米同盟」の実態はこの60年間に大きく変貌し、米国とともに海外に乗り出していく侵略的な軍事同盟になろうとしています。そして、その動向と一体に「安倍9条改憲」が狙われています。 「コロナ後の世界」の展望を見据えつつ、今日の日米安保条約下の問題点を解明することで「安保の真実」を国民に明らかにする「集い」を開催し、安保廃棄に向けた世論構築の契機としたいと思います。(中央安保実行員会HPより  ユーチューブ2時間24分)

https://youtu.be/1MImV0n__AQ


◆安保破棄中央実行委員会「メールニュース」

◆日米安保改定・発効60年― 国民世論・運動で条約廃棄を~軍事同盟に代わる平和の枠組みを考える集い~(報告) 6/12 №28 PDFファイル

◆木更津の住民、東京連絡会が署名提出~「オスプレイ配備撤回を求める」~◆辺野古新基地建設阻止へ~玉城県政の与党過半数維持~ 6/10 №27 PDFファイル

◆安保破棄沖縄統一連「統一連ニュース」
◆県議選がおわり工事再開へ
 コロナ禍での座り込みへ( 6/10 №68 PDFファイル)




◆第13回沖縄県議会議員選挙
 玉城県政与党25議席 過半数維持( 6/8 №67 PDFファイル)


「統一連NEWS№19-67」pdf


◆安保破棄中央実行委員会「メールニュース」

◆日米安保発効60年 軍事同盟に代わる平和の枠組みを考える集いに参加を~早めに事前申し込みを~ネット視聴の準備中 6/1 №25 PDFファイル


◆沖縄2紙への意見広告(5月24日掲載分)
◆不屈にたたかう県民とともに歩む、玉城県政の発展を!◆平和で"誇りある豊かな沖縄"へ PDFファイル




◆「辺野古新基地建設の設計変更申請書を取り下げ、直ちに工事を中止し、その予算を国民のためにこそ使うことを求めます!(大阪安保破棄実行委員会)4/21 PDF ◆安倍内閣総理大臣あてに、4月21日付で手交しましました。


従属的同盟からの脱却をめざして~
小泉親司さん講演

2020年7月10日


 
 安保破棄大阪実行委員会主催で、現行の日米安保条約発効60年となる6月23日に「日米安保条約・日米地位協定60年6・23大阪のつどい」を開催しました。午後6時半開会で、大阪国労会館3階大会議室にて行い、約40人の参加でした。  この日につどいを行うことは、かなり前から議論していましたが、新型コロナウイルスの問題があり、開催を決定したのが3週間ほど前で、各団体、個人幹事への文書通知のみのお知らせだけを行い、事前申し込み制をとっての取り組みでした。

 沖縄から、沖縄統一連事務局長の瀬長和夫さん、名護平和委員会事務局長の上野郁子さん、ヘリ基地反対協事務局長の仲本興真さんの3人の方から連帯のメッセージをいただきました。

   講演は、「安保60年、従属的同盟からの脱却を目指して~コロナ禍を見据えて」をテーマに日本共産党基地対策委員会責任者の小泉親司さんに来ていただき、お話していただきました。

 コロナ禍において、「こんな政権ではだめだ」ということがさらにはっきりしてきたということなどから話し始め、日米同盟は強固どころか行き詰っているということを、「安保法制」は市民の運動によって使えない状況になっているということや、陸上イージス計画停止理由の真実、辺野古新基地建設の行き詰まりなどから明確に話していただきました。また、日米安保条約や自衛隊についての考えは、野党の中でも様々だけど、「安保法制によって自衛隊は変質した。安保法制以前に戻そうというのが市民と野党の共通認識となっている」ということにも触れられ、最後には、日米安保条約を廃棄した後、アメリカと対等平等の関係を築き、アメリカ言いなりの外交からも脱却し、ロシアとも平和条約を結び、中国、韓国との領土問題も解決し、北東アジアでの平和体制を築いていくことへの展望を話されました。

 参加者からは、「運動の確信になりました。」「イージスアショアの白紙撤回の防衛大臣のウソなど知らない事が色々と知れて、とても勉強になりました。」「話が具体的で面白かった」「時宜を得た貴重な講演でした」「安保の行き詰まりや展望など、わかりやすく元気のでる内容だったと思います。」などの感想が寄せられました。



沖縄県議選 過半数維持-
辺野古新基地建設反対が過半数

2020年6月12日


 
 第13回沖縄県会議員選挙が6月7日投開票で行われました。この選挙は、辺野古新基地建設反対を掲げ、「建白書」実現を目指す玉城デニー県政を支える「オール沖縄」与党の勢力を前進させることを目指し闘われました。

  新型コロナウイルスの問題があり、直接沖縄県に行っての支援はできませんでしたが、そのような中、安保破棄中央実行委員会からの呼びかけに答えて、全国の各組織が協力し、電話による指示拡大の活動を中心とした支援を行いました。

  安保破棄大阪実行委員会としも、今まで沖縄の選挙へ支援に行っていただいた方々を中心に呼びかけさせていただき、30人ほどの人が電話かけに協力してくださいました。 留守宅が多い中、朝昼夕と何度もかけなおしてくれたり、「まだ残っているテレデータがあったら送ってほしい」と積極的に連絡をくれたり、周りの人にも声をかけて一緒に電話かけをしてくれたり、様々な制限のある中ではありましたが、多くの人が沖縄県議選が重要であるという強い思いを持ち、現地に行けなくても、沖縄連帯の意思を示し、支援活動を取り組むことができました。

  県議選の結果は、定数48議席のうち、玉城県政25議席(共産党7、社民党4、社大党2、にむふぁぶし1、立憲民主1、無所属10)を勝ち取り、過半数を維持することができました。

  投票率は46・96%と、過去最低でしたが、コロナ禍に加え、投票日当日に一部地域では豪雨になるひどい荒天であったことから見ると、投票率の数字だけでは見えない、県民の意識の高さがあったといえます。電話かけの中でも、「足が悪く歩けないけど、知人に車で投票所へ連れて行ってもらって期日前投票をしてくる」と言っている人もいました。また、期日前投票は選挙人名簿登録者数の19・38%、17万人以上の人が投票していて、過去最高でした。

  5月24日には、「琉球新報」「沖縄タイムス」へ、「新型コロナウイルス感染収束へ県民の団結でのりこえましょう」「辺野古新基地ストップ・普天間基地の即時閉鎖撤去を」とする意見広告を、沖縄統一連と安保破棄中央実行委員会として掲載しました。この意見広告への賛同募金も各団体、個人の方々に協力してもらいました。

  今回、電話かけにご協力いただいた皆さん、意見広告にご協力いただいた団体・個人の皆さんありがとうございました。 沖縄県民の民意を尊重しようとしない安倍政権は、12日にも、辺野古工事を再開しようとしています。今後も一層、沖縄に連帯し、「辺野古新基地建設反対、普天間基地無条件撤去」の声を大阪でも大きく広げていくためにご協力お願いします。



《大阪安保からの訴え》

◆設計概要変更申請を取り下げ、辺野古新基地建設は直ちに全面中止せよ ―ヘリ基地反対協議会―
《4月21日、沖縄防衛局が辺野古新基地建設工事の設計変更承認申請を提出しました》
 「オール沖縄会議」が即刻21日に抗議し、22日には日本共産党沖縄県委員会が、そして23日には沖縄平和市民連絡会の呼びかけによる緊急抗議集会が沖縄防衛局前で行われるなど、沖縄中で抗議の嵐が沸き起こり、24日には沖縄選出の野党国会議員でつくる「うりずんの会」が防衛省に対して申請の取り下げと工事断念を求めました。
  全国でも安保破棄実行委員会・平和委員会などが、新型コロナウイルス対策が沖縄でも重大な事態を迎える中、「不要不急」の辺野古新基地建設工事を断念し、普天間基地の運用を停止し、無条件閉鎖・撤去せよと抗議の声を上げています。
 安保破棄大阪実行委員会も即刻、抗議・要請書を安倍首相等に送付したところですが、文字通り地元の「ヘリ基地反対協」が辺野古新基地の護岸工事着手から4月25日で3年目となることを受け、24日に「宣言文」を発表されました。
 沖縄の皆さんの熱いおもいが凝縮されたものだと思いますので、全文を紹介します。(大阪安保)

「4.25宣言文【護岸工事着手から3年】設計概要変更申請を取り下げ、辺野古新基地建設は直ちに全面中止せよ」―ヘリ基地反対協議会―PDF文書



◆「辺野古新基地建設の設計変更申請書を取り下げ、直ちに工事を中止し、その予算を国民のためにこそ使うことを求めます!(大阪安保破棄実行委員会)4/21 PDF



◆沖縄県議選勝利のために (クリックで本文表示)

◆安保60年の節目にふさわしいたたかいを (クリックで本文表示)

◆「安保の真実」をひろげよう (クリックで本文表示)

◆地域からの声を広げよう (クリックで本文表示)

◆2020年の年頭にあたって (クリックで本文表示)

◆すすむ、日米軍事一体化 (クリックで本文表示)

◆米軍基地と変貌する自衛隊~京都米軍基地&自衛隊視察ツアー (クリックで本文表示)

◆臨時国会開会 (クリックで本文表示)

◆日米地位協定の抜本的改定にむけて (クリックで本文表示)

◆いまこそ、市民と野党の共闘を前進させるとき (クリックで本文表示)

◆誰もが自分らしく
暮らせる明日の実現を (クリックで本文表示)


◆不屈の闘いを学ぶ
大阪安保「沖縄平和ツアー」 (クリックで本文表示)


◆すすめよう!!
市民と野党の共闘 (クリックで本文表示)


◆勝まであきらめない
沖縄とともにたたかいを続けよう! (クリックで本文表示)


◆今年は政治決戦の年
主権者国民は決して諦めない! (クリックで本文表示)


◆今年は政治決戦の年
主権者国民は決して諦めない! (クリックで本文表示)


◆沖縄県知事選挙
大阪安保としての勝利報告集会 (クリックで本文表示)


◆沖縄県知事選挙
大阪安保としての勝利報告集会 (クリックで本文表示)






 
《新着情報・よびかけ》

《6・23大阪のつどい「安保60年、従属的同盟からの脱却をめざして~コロナ禍を見据えて」小泉親司さん)》講演動画 by ユーチューブ


◆ https://youtu.be/caIovjF09X0

(小泉さん講演レジュメ PDF)



◆安保破棄ニュース519号(2020.7.10 )

■日米安保条約・日米地位協定60年6・23大阪のつどい
「従属的同盟からの脱却をめざして」~小泉親司さん講演~
■6月の23宣伝行動
通算386回目の定例宣伝行動に15人~6月23日淀屋橋~
■コロナ後の社会を変えるのは、国民の底力だ!
今こそ、「不要不急」の基地建設、軍拡、そして改憲の安倍政権を倒し、「従属的同盟」に代わる平和の枠組みをつくろう!
■「とうきび」はじめました
「千歳のとうきび」注文受付開始~9月中旬まで取り組みます~


519号PDF版  ワード版はコチラ


大阪安保ホームページへのQRコードです。スマフォなどにも一定ですが対応しておりますので、試してください。
 不具合などの内容やご要望などを連絡いただけるとありがたいです。