《とりくみカレンダー》
2022年5月

28日(土)

◆「沖縄連帯・平和を守る大学習会」~『軍拡では平和は実現できない!』  
◆日時:5月28日(土)14:00~ 国労大阪会館 オンライイン併用
◆要予約が必要です。大阪安保までご連絡ください
2022年6月

21日(火)

◆6月の大阪安保23定例宣伝行動  
◆日時:6月21日(火)12:00~ 淀屋橋市役所前
◆ご参加お願いいたします。

◆安保中央実行委員会「メールニュース」

《安保中央》「復帰50年の沖縄と連帯、行動強化期間」宣伝行動-辺野古新基地建設反対、知事選勝利を~ 全国から改憲・軍拡を許さない声を◆《馬毛島》新基地建設に伴う環境アセス-「準備書」に対する意見書送付を  2022.5.24 №25

《5月15日~29日》復帰50年の沖縄と連帯し、基地のない平和で誇りある豊かな沖縄をめざす「行動強化期間」《愛知》改憲・戦争する国づくり阻止ー沖縄と連帯する学習会《京都》デニー知事の「建議書」実現を 参加者ー宣伝行動やってよかった 2022.5.20 №24

土地利用規制法の「注視区域」「阻害行為」など―6月一部施行前に内容を示せ~安保中央など「共同行動」が要請 ◆《沖縄返還50年記念講演会》 赤嶺政賢衆院議員「建議書」意義語る~全国連帯で米軍基地撤去を    2022.5.17 №23

《中央安保》オンライン兼ねた常任幹事会(5/11)新聞意見広告運動を全国に広げよう~沖縄復帰50年参院選・沖縄県知事選勝利を ◆《新聞意見広告運動》 辺野古新基地建設中止、普天間基地撤去ビラ 16日より発送注文を~  2022.5.12 №22

《中央安保》オンライン兼ねた常任幹事会(5/11)新聞意見広告運動を全国に広げよう~沖縄復帰50年参院選・沖縄県知事選勝利を ◆《新聞意見広告運動》 辺野古新基地建設中止、普天間基地撤去ビラ 16日より発送注文を~  2022.5.12 №22

《辺野古新基地建設中止・普天間基地撤去を求める》新聞意見広告の運動実行委員会参加を~5月10日午前を第 1次集約 ◆《復帰50年》基地のない平和で誇りある豊かな沖縄を辺野古新基地建設は造らせない~各種署名5月16日集約締め切り~   2022.4.27 №21

《安保中央 東京・新宿で宣伝行動》ロシアはウクライナから撤退を~核共有や軍拡、改憲、辺野古新基地建設の中止を! ◆オンライン「復帰50年・基地のない平和で誇りある豊かな沖縄をめざす県民大会」4月30日(土)午後1時~3時。視聴のための URL は下記の通りです。 https://youtu.be/kdrUBnU24l4
(クリックでページを開きます)

  2022.4.25 №20

《沖縄復帰50年の節目の年》辺野古新基地中止・普天間基地撤去を~全国で宣伝・署名などの運動を強化  ◆【沖縄関係の主なとりくみ一覧表】 2022.4.20 №19

《国交省》辺野古設計変更の「県不承認」取り消す「国交相は裁決の即刻撤回を~各団体からの緊急要請を ◆《安保中央実行委員会からの抗議文》「辺野古新基地建設の設計変更不承認についての国土交通大臣による取り消し裁決に抗議します」~ 4/15)  2022.4.18 №18 

《安保中央》オンライン兼ねた常任幹事会(4/13)「ウクライナ危機に乗じた改憲・軍拡を許すな」 ~沖縄復帰50年 参院選・県知事選勝利に向けた取り組みを ◆「辺野古新基地建設の設計変更不承認についての国交相による取り消し裁決に抗議ます」~安保破棄中央実行委員会の東森英男事務局長談話 4/11)  2022.4.14 №17 


◆日米安保条約発効60年 軍事同盟に代わる平和の枠組みを考える集い(6/10中央安保主催)

 今年2020年は、1960年6月に国民的な反対を無視した改定安保条約と日米地位協定の成立強行から60年の節目の年です。 安保条約のもとでの「日米同盟」の実態はこの60年間に大きく変貌し、米国とともに海外に乗り出していく侵略的な軍事同盟になろうとしています。そして、その動向と一体に「安倍9条改憲」が狙われています。 「コロナ後の世界」の展望を見据えつつ、今日の日米安保条約下の問題点を解明することで「安保の真実」を国民に明らかにする「集い」を開催し、安保廃棄に向けた世論構築の契機としたいと思います。(中央安保実行員会HPより  ユーチューブ2時間24分)

https://youtu.be/1MImV0n__AQ




◆「辺野古新基地建設の設計変更申請書を取り下げ、直ちに工事を中止し、その予算を国民のためにこそ使うことを求めます!(大阪安保破棄実行委員会)4/21 PDF ◆安倍内閣総理大臣あてに、4月21日付で手交しましました。


安保の真実」を広げ、
共闘をつくろう

2022年5月13日

  《安保破棄大阪実行委員会2022年総会開催》

 安保破棄・諸要求貫徹大阪実行委員会2022年総会(幹事会)を4月23日の土曜日にエル大阪504号室で13時から開きました。

 この日は、14時から近畿の安保破棄実行委員会合同の連続オンライン学習会が入っていたことや、コロナ禍であることなどから、短時間の総会としました。
 総会へは、18人(11団体・地域と個人幹事から)の出席でした。

 短時間でしたが、八尾市会議員の谷澤議員と代表幹事の植田さんからの発言があり、これからの安保破棄実行委員会の活動を深く考えられる内容でした。

 谷澤議員からは橋下大阪市長(当時)や松井府知事(当時)の八尾空港へのオスプレイ訓練受け入れ発言をめぐっての今までの動向、土地利用規制法により八尾空港周辺が規制対象になることが想定されることや、自衛隊への名簿提供問題に関してなどの発言がありました。当初は八尾市としてはオスプレイの受け入れに対しては拒否の姿勢だったのに、維新の会の市長になったことで、はっきり反対とは言わず「その時々の状況に応じて対応していく」という態度に変わったこと。自衛隊へCDROMで名簿を提供するようになっていること。土地利用規制法によって、八尾周辺の他の自治体にも規制範囲が広がっていることなどを話され、今後様々な動向を注視していく必要があると話されました。

 植田さんは、「共闘のあり方について」をテーマに話されました。ロシアのウクライナ侵攻とも絡めて、「改めて安全保障とは何か」そもそもからの理解を深める必要性などを話され、集団的自衛権や「戦争法」などによって、日本がアメリカの戦争に組み込まれている状況にあることを話されました。そのうえで、大阪安保の歴史にも触れながら、「共闘というのは、それぞれの時代時代、情勢によってつくられていくもの」としつつ、「安保(破棄実行委員会)は安保(破棄実行委員会)として、専門的に独自の闘いを続けていくことの意味がある」と話されました。

 総会で確認された運動方針では、「日本の戦場化、米軍からのコロナ感染拡大、軍拡政治がもたらす国民の暮らし破壊などの様々な問題の(根底にある日米安保条約・日米地位協定の廃棄に向けて、『安保の真実』を広く知らせ、世論へと高めていくことが望まれています」として、沖縄県知事選挙支援をはじめとする沖縄支援の活動や、オスプレイ配備撤回に取り組み、日米地位協定の抜本的改定を求める取り組みとともに、学習会の取り組みを強化することも掲げられました

日本国憲法こそー たたかいの原点に

2022年4月15日

  今年は最初の日米安保条約が発効してから70年、沖縄の施政権が戻り日本に復帰してから50年となる大きな節目の年です。
   

 この間、私たち日本国民は「政府の行為によって再び戦争の惨禍が起こることのないようにすることを決意し」「正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し」、第9条において「戦争の放棄」「戦力の不保持」「交戦権の否認」を誓った日本国憲法の下、「戦争しない国」の国民として世界から信頼されてきました。

3月の23宣伝行動 しかし一方では、日米安保条約・日米地位協定に縛られ、主権を忘れ、アメリカ言いなりの従属的政治を続ける政府によって、まったく相反する二つの法体系の中で、平和的に暮らすためにたたかい続けてきました。
 そして、2015年9月に強行成立し翌年3月29日に「戦争法」が施行されて以降は、勢いを増して大軍拡と日米軍事一体化が進められています。
 いま、平和を守り発展させるためのたたかいは重要局面を迎え、日米安保条約廃棄を掲げた運動の役割は、ますます重要になっています。

3月の23宣伝行動 そんな中、2月24日に世界中に戦慄が走る事態、ロシアによるウクライナ侵略のための武力攻撃が始まり、戦争はその非人道的な許し難い本質を表しています。
 そして、今の事態は、核兵器というものが、人間が持ってはならない絶対悪だということと、自公政権・維新の会などが持ち出している「敵基地攻撃能力」とは如何なるものかということを如実に示しています。

 また、「国連は無力」などという「力の論理」を跳ね返し、国連は3月2日、24日の140カ国を超える賛成での決議採択。さらに、4月8日には国連人権理事会でのロシアの理事国資格を停止する決議案を、ロシアが各国に「決議に反対しなければ、非友好的な意思表示とみなす」などという圧力をかける中でも、93か国の賛成で採択するなど、武力によらない国際世論の広がりこそが平和を導く確かな道であることを示しました。

 いま日本には、憲法9条を持つ、ただ一つの戦争被爆国として、国際平和を実現するために積極的に尽力することが強く求められています。
 ところが、ウクライナ危機に乗じて、岸田首相が自衛隊明記を含む改憲を「今こそ成し遂げなければならない」とし、間近に控えた参議院選挙を「そのための『力』を得るたたかい」と発言するなど、大軍拡・日米同盟強化を図ろうとする動きが一気に強まっています。中でも、維新の会が党大会において、改めて「核共有」と非核三原則見直しの議論を進めるべきだと主張するなど、断じて許すことはできません。

 また、国会では経済と軍事を結び付け、日本をアメリカの安全保障戦略に組み込むことを狙った経済安全保障法案が衆議院で採択され、国交相が沖縄県による辺野古新基地建設変更申請「不承認」を取り消す裁決を行うなど、ますます前のめりに「戦争する国」へと進もうとする動きがあります。 

 私たち安保破棄大阪実行委員会は、日本が、世界に誇る平和憲法・9条を持つ国として、本来歩むべき道を取り戻すことを願って、日米安保条約・日米地位協定が、いかに日本の国の主権・日本国民の平和に暮らす権利を侵害しているかを伝えるためたたかいます。

 来る4月23日の「総会」(エル大阪504号室・13時~14時)においては、団体共闘としての機能を強化し、各団体構成員の学習と運動への参加を基本に据えてたたかうことを確認したいと思います。
 共にたたかいましょう



◆《紹介》辺野古のたたかいー 7年間の記録がDVDに (クリックで本文表示)

◆侵略国とならないために (クリックで本文表示)

◆ロシアのウクライナ侵略に抗議し、即時撤退を求める(声明) (クリックで本文表示)

◆沖縄返還50年ー従属的軍事同盟からの脱却をめざそう! (クリックで本文表示)

◆《あけましておめでとうございます》 (クリックで本文表示)

◆辺野古新基地建設を阻止しよう!
《2021沖縄連帯集会in大阪》開催 (クリックで本文表示)


◆政権交代のためのスタートが切られた! (クリックで本文表示)

◆ついに 対米従属の政治を 終わらせる時が来た! (クリックで本文表示)

◆政治を替え、安保破棄につなげよう! (クリックで本文表示)

◆「戦争法」の具体化は許さない!1年版「防衛白書」を読む》 (クリックで本文表示)

◆「日米合同軍事演習やめよ」申し入れ!~陸自中部方面隊と近畿中部防衛局へ (クリックで本文表示)


◆「国民の安全保障」を実現しよう (クリックで本文表示)

◆近畿安保合同連続学習会 第2弾~「南西諸島に軍事基地はいらない」 (クリックで本文表示)

◆2021年度総会~安保破棄実行委員会の役割を確認 (クリックで本文表示)

◆「安保の真実」を伝え、 政治を変えよう! (クリックで本文表示)

◆軍事同盟に代わる平和の枠組みを、今こそ!! (クリックで本文表示)

◆明けましておめでとうございます。希望ある新しい政権の実現を!! (クリックで本文表示)

◆日米安保条約・日米地位協定60年の2020年をふり返り (クリックで本文表示)

◆まもろう!!立憲主義・民主主義! (クリックで本文表示)

◆野党連合政権の 実現を! (クリックで本文表示)

◆沖縄のたたかいに決着をつけよう (クリックで本文表示)

◆資格もやる気もない安倍政権はただちにやめよ (クリックで本文表示)

◆従属的同盟からの脱却をめざして~は小泉親司さん講演 (クリックで本文表示)

◆沖縄県議選 過半数維持-辺野古新基地建設反対が過半数 (クリックで本文表示)

◆沖縄県議選勝利のために (クリックで本文表示)

◆安保60年の節目にふさわしいたたかいを (クリックで本文表示)

◆「安保の真実」をひろげよう (クリックで本文表示)

◆地域からの声を広げよう (クリックで本文表示)

◆2020年の年頭にあたって (クリックで本文表示)

◆すすむ、日米軍事一体化 (クリックで本文表示)

◆米軍基地と変貌する自衛隊~京都米軍基地&自衛隊視察ツアー (クリックで本文表示)

◆臨時国会開会 (クリックで本文表示)

◆日米地位協定の抜本的改定にむけて (クリックで本文表示)

◆いまこそ、市民と野党の共闘を前進させるとき (クリックで本文表示)

◆誰もが自分らしく
暮らせる明日の実現を (クリックで本文表示)


◆不屈の闘いを学ぶ
大阪安保「沖縄平和ツアー」 (クリックで本文表示)


◆すすめよう!!
市民と野党の共闘 (クリックで本文表示)


◆勝まであきらめない
沖縄とともにたたかいを続けよう! (クリックで本文表示)


◆圧倒的な「民意」を結集しよう! (クリックで本文表示)

◆今年は政治決戦の年
主権者国民は決して諦めない! (クリックで本文表示)


◆沖縄県知事選挙
大阪安保としての勝利報告集会 (クリックで本文表示)







 
《新着情報・よびかけ》

◆安保破棄ニュース541号(2022.5.13)PDF

■「安保の真実」を広げ、共闘をつくろう
◆安保破棄大阪実行委員会2022年総会開催。
◆総会終了後、近畿安保実行委員会の連続オンライイン学習会で学習。
■4月の「23宣伝行動」
◆4月22日の12時から淀屋橋で第402回目の23行動

■「安全保障」を考えよう~
◆いよいよ「戦争か平和か」と日本の国の在り方をとう参議院選挙が間近に迫っています。まさに今、「安全保障」とはどうあるべきなのか問われています。
■沖縄連帯・平和を守る大学習会《軍拡では平和は実現できない》
◆5月28日(土)午後2時から
◆講師:小泉親司さん
◆国労会館3階大会議室
◆ZOOMアプリを使用してのオンライン参加もできます。大阪安保までお問い合わせください。
■諸団体の取り組み、当面の予定など




◆「辺野古新基地反対署名」をリニューアルしました。〔2022年1月18日 安保中央より〕PDF

◆「辺野古新基地反対署名」をリニューアルしました。〔2022年1月18日 安保中央より〕PDF

■新しい署名にご協力ください
◆ 安保破棄中央実行委員会は、署名「辺野古新基地建設工事の中止と普天間基地の無条件撤去を求める請願」をリニューアルしました。「いまこそ中止を!沖縄・辺野古新米軍基地建設」リーフとともに活用をお願いします。 上記PDFデーターから印刷してお使いください。大量注文の場合は、大阪安保までお問い合わせください。





《馬毛島基地(仮称)建設事業に係る環境影響評価方法書への意見書送付のとりくみ》について。中央安保メールニュース№11もご覧ください。
◆とりくみ内容(中央安保実行委員会の文書)
◆意見書参考例
(PDF 2ページ)

  ◎意見書のとりくみにて

  ◎意見書参考例




大阪安保ホームページへのQRコードです。スマフォなどにも一定ですが対応しておりますので、試してください。
 不具合などの内容やご要望などを連絡いただけるとありがたいです。


《6・23大阪のつどい「安保60年、従属的同盟からの脱却をめざして~コロナ禍を見据えて」小泉親司さん)》講演動画 by ユーチューブ


◆ https://youtu.be/caIovjF09X0

(小泉さん講演レジュメ PDF)